So-net無料ブログ作成
検索選択

ハート犬クーの最後の冒険。 [ハート犬]

わがままで、頑固で、我が道をいくタイプ。
勝手に抱き上げさせないし、歯を剥いて噛み付いてくる。
拾い食いはする、家のゴミ箱は漁る、たまに粗相もする。
なんておバカな犬。
image.jpeg
でも、猫に乳をやり、可愛がったし、飼い主が大好きで、甘えん坊で、寂しがりやで、
結局、考えてみれば、クーは自慢の愛犬だった。
image.jpeg
2月頃から病院に行っていろいろ調べもしたのに、
CT検査を受けて、癌が発覚したのは先週2016年5月21日の午後。
かかりつけ医から紹介されたベッツセンターでのこと。
3月の時点で同じ検査を受けていれば、もしかしたら間に合ったのかもしれないと悔やんでも遅い。

肺と肝臓に癌が多発していて、すでに末期。
クー自身も痩せて後ろ足が弱って、それは決して老化なんかじゃなかったのに。
image.jpeg
あれからすぐに核酸サプリやミドリムシ、日田天領水、スーパープロポリス、酸素濃縮器、あらゆる手配をしたけれども、ご飯だって抗がん作用、抗酸化作用、体力の出るもの、今までやったことのない 生肉、梅干し、そんなのもう遅いとわかってた。
でも、奇跡はあるかもしれない、諦めない、そう思ってクーに与えたが。

でも2日前まではお散歩もし、公園ではボールを見つけ、玄関チャイムに無駄吠えし、ご飯も食べた。
それが昨日の午後くらいからもはや立ち上がることも困難になった。

それでも夜の手作りご飯は八、九分も食べた。
食べられるんなら、まだまだ。
そう考えたのは甘かった。
一晩かけて次第に呼吸を弱らせていき、深夜あたり、一瞬ぐわっと四肢が動いて立ちたいのかと思った。その後すぐに四肢が細かく痙攣して、しばらくすると落ち着いた。
その辺りから、時々呼吸に伴って顎が動くことがあって、
あ、これは母親と同じ顎がく呼吸かと思われた。
不覚にも私は傍で居眠りをしていたら、相方の裕ちゃんに起こされた。
みるとクーが少し動いて、次にはお腹の胎動が停止。
あっ、息が止まった!
息が止まってからもクーの顔が動いて、グゥと一声出して口を大きく開けた。
それも三回。息がしたい!クーの思いがわかった。
私は 胸をさすり、わからないけれど、心臓か肺臓をマッサージしているつもりでさすったり押したり。
それもかなわず、クーは二度と息を吹き返すことはなく、目の力を失った。
時計を見ると、3時11分。2016年5月28日。

ハート犬クーは、最後の冒険に旅立ちました。
image.jpeg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

なる

沢山愛情いっぱい育ててもらって。
大好きなお二人に看取ってもらって。

くーちゃんはとってもとっても幸せに冒険に旅立ちましたね。
by なる (2016-05-27 11:38) 

momokumi

なる様?
コメントありがとうございます!
幸せだったことを願います。m(_ _)m

by momokumi (2016-05-30 21:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。