So-net無料ブログ作成
検索選択

セカンドオピニオン [ハート犬]

実は、7年前にもセカンドどころかサードオピニオンまで聞きに行った。
今回は、考えるまでもなく、そりゃあもうここまで成長してしまったんだから、切るに違いないでしょ、
そう思いながら病院に行ったので、その場で「では来週水曜日に」と手術の予約までして返ってきた。

だけどね、いつもそうなんだけど、家に帰ると優柔不断が飛び出してくる。
相方のYちゃんも同様で、「うーん、切らねばならないかなぁ。それに、あの病院でいいのかなぁ」

かかりつけのC動物病院は近いし、主治医のT先生のことは信頼しているのだけれども、
それでも一応以前お世話になっていた……ク―が最初に診てもらってたT動物病院とか、宝塚の名医先生のことが頭にちらつく。
大事なことなんだし、まっぁ、宝塚は遠すぎるけど、T動物病院には相談すっぺ?
ということでご相談。

C動物病院では、麻酔を一回で終わらせるために、血液検査、麻酔、CTで全身検査、患部の切除、避妊手術、その他追加処置があれば追加(膀胱結石の排除、肝臓のう胞の切除)、歯垢取り、を一度にやってしまおうというのに対して、T動物病院では、まずは検査。血液検査と麻酔の要らないレントゲン検査、これをやった方がいい。麻酔が大丈夫なのか、腫瘍が肺に転移していないかとか、先に知ってから処置した方がね。

まもなく14歳だから、それなら温存しといた方がよくない?
C動物病院の先生は、僕の犬なら絶対処置しますね。T動物病院の先生は、うーん、先のことはわかりませんが、処置しておいた方が安心ではあるけれど、飼い主さん次第ですね。

どっちも正しいと思うけれども、C動物病院の先生は外科寄りで切りたい人なんだもんね。

自分の身体ならたぶん即切っちゃうけれど、ク―の身体。本人の気持ちは聞けないしねー。

とにかく即刻手術、の予約は一旦解除して、もうしばらく頭を冷やすことにしたのでした。


そんなことは知らぬ存ぜぬと、ひたすら爆睡するク―。
iphone/image-20160217103522.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。